So-net無料ブログ作成

財政難の本当の原因を言わせて下さい。

私、出会い由美にも言わせて下さい。
官僚が無駄遣いするから財政改善との出会いが無いんでしょうか。
実を言うと、官僚の無駄遣いともう一つ有ります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
「累進課税の勾配が緩やか過ぎる」(ここのところを英語会話に翻訳してみます。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~
The slope of a progressive tax is too loose.
このため結果として社会が金持ち優遇との出会いに陥っているんです。
赤字国債を出す理由は国の収入(税収)が少ないからだけど、日本は先日まで貿易は黒字だったし、その黒字分のお金が銀行にはたくさんある。
そのお金をあてにして国債を出しているのです。
ホントに貧乏なら銀行にもお金なくて英語圏、非英語圏の外国投資家からお金を集めなくてはならなくなってしまう(非英語圏ギリシャがその例)だけど、日本の場合は外国に国債買わせてるのでなく国内の銀行に買わせてるの。
では銀行のお金はどこから生まれたかというと国民の預金(造幣局が増刷したものではなく実体経済に結び付いたお金)。
つまり、国民は預金することで間接的に国に税を納めているのと同じ出会い縁なの。
私、出会い由美にも言わせて下さい。どちらにしろ税となるなら銀行経由でなく所得税でおさめたほうが国民は徳だよね。
銀行経由だと利子を取られる分損するわけだから。
そして利子は結局国民が負担するのだから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
銀行家にとって今は低金利時代で預金に払う利子なんてタダ同然です。
一方国からは国債利子として膨大なお金が入ってくる。
つまり国債の利子は丸丸銀行家の儲けになっていると云うこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(ここのところを英語会話に翻訳してみます。)
It is merely same now for a banker in the interest paid to deposit by the low interest rate age.
On the other hand from a country, a huge amount of money as government debt interest enters.
That is, say that the interest of a national bond is a banker's profit completely.

私、出会い由美にも言わせて下さい。銀行は国民から無利子同然でお金を集め、国債を買い膨大な利子を自分の利益としているのだから笑いが止まらないでしょう?
国民は銀行家のために一生懸命働いて税金として銀行を養っているの。
そういう、社会の出会い縁になっているの。
今回の増税案は国(公共)のために使われるのでなく銀行家の利益に使われるの。
このあたりがいくら増税しても財政改善との出会いが無い、からくりの核心部だと思う。
ある意味,官僚,批判はこれを国民の目から隠すスケープゴートになっているんですよ。
官僚を擁護するつもりはないけどね。無駄があったのも事実だから。
でも国税を食い物にしている最大の元凶は銀行家です。
一方、銀行に預金がたくさんあるのに、英語圏、非英語圏の外国と同じ格差社会と云われているでしょう?
これはお金持ちはどんどんお金が溜まり、貧しい人たちはますます貧しくなる税制システムだから。
銀行預金の多くはお金持ちの余裕がある人たちのお金で、貧しい人はそれほど預金がない。
であるなら、収入が多い人たちからもっと多く税金を取り、貧しい人たちからの税収は据え置くべく累進課税率の勾配を大きくしてあげれば全て解決するよ。
そうすれば税収が増え、赤字国債問題も解決。格差社会との出会い縁も解決でしょう?
でもその出会い縁になっちゃうと銀行家は見かけの預金高が減るし、国債の儲けも減るので口には出さないの。
出会い由美でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0