So-net無料ブログ作成
検索選択

官僚の給料との出会いは三ツ星?それとも ? [まゆみの おすすめ えいご英会話教材]

日本の官僚の給料との出会いは三ツ星?それとも ?
私、出会系子にも言わせて下さい。
官僚の給料は、30代で500~600万円です。
東大を出て、ふつうに民間に就職すれば、30代で1000万は超えるという時代に、500万円というのは、少なすぎではないでしょうか。
(ここのところを英語/英会話に翻訳してみます。)
If it comes out of the University of Tokyo and you find a job at a private sector ordinarily, doesn't the time when 10 million exceeds by his 30's have too little 5 million yen?
一般の人間なら、500万は普通でしょうが、東大出身となれば話が違いますよ。
官僚という職業を選ぶのは、親不孝の時代だと思います。
(ここのところを英語/英会話に翻訳してみます。)
I think that it is an undutiful time to choose the occupation of a bureaucrat.
にもかかわらず、国を支えようと自ら志願するのは、本当に聖人君子かなにかかと・・・
みなさまは、官僚の給料について、どのようにお考えでしょうか。
安いでしょうか。高いでしょうか。
実を言うと、官僚の給料は、現役時代は安い代わりに天下った後、特殊法人や公益法人で、たとえ実務をしなくても報酬が出る仕組みがあります。
(ここのところを英語/英会話に翻訳してみます。)
If a fruit is said, a bureaucrat's salary will have the structure out of which remuneration comes, even if the active-service ages are a special government corporation and a public-interest juridical body after world and do not carry out business instead of being cheap.
特殊法人や公益法人は、年々増え、無数と言いたくなるくらいあるので、実質定年はないようなもので、死ぬまで?
給料が支払われることになります。働いていなくても。
そこを除外しては意味が無いと思います。
ただ、天下らない事務次官など最高レベルの官僚は、もっと高くすべきという話もありますね。

by 出会系子

英語の参考資料
まゆみの、英語/英会話教材
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース